正看護師と准看護師の違いについて

正看護師と准看護師には大きな違いがあります。
正看護師は国家資格であり、厚生労働省が行う看護師国家試験に合格しなければ取得できません。
一方、准看護師は各都道府県が行う知事試験に合格すれば取得できますが、国家資格ではありません。

また、正看護師と准看護師には、担当業務や業務の遂行もそれぞれ異なります。
正看護師は医師の指示を受けたり、場合によっては自らの判断で看護業務を遂行できますが、准看護師は医師の指示か正看護師の指示がなければ業務を遂行できません。
つまり、ベテランであっても准看護師は独断で行動することはできず、必ず指示を受けて業務を遂行する必要があるのです。
そのため、准看護師は、管理職や看護師長になることはできないので、キャリアアップを目指す場合は気をつけましょう。

それから、正看護師と准看護師は、スキルアップを図る際にも違いが生じます。
正看護師は認定看護師と専門看護師などの資格を目指すことができますが、准看護師の場合は、まず正看護師の資格を取得しなければそれらの資格を受験することはできません。

さらに、活躍できる医療機関にも違いがあるようです。
准看護師は、個人病院や診療所などの求人が一般的ですが、正看護師の場合は、准看護師よりも高い水準の看護ができることから、高度な医療技術を求められる総合病院や大学病院などの求人も少なくありません。
つまり、正看護師のほうが活躍の場が多いということです。
そのため、看護師として働く場合は、この両者の違いを把握してから、正看護師と准看護師のどちらが合っているのかを判断するようにしましょう。