転職は一人前になってから☆

看護師の転職は、自分が看護師として一人前になってから行うことをおすすめします。
看護師は技術職であり、中途採用試験では経験が一番重要視されます。
つまり、初めて働いた医療施設での経験がまだ1年にも満たない場合は、他の医療施設に転職しようとしても難しくなるため、リスクが高くなるというわけです。

看護師の中途採用では、ベテラン看護師をはじめ、医療機関で多くの経験を積んだ看護師と採用枠を争わなくてはなりません。
そのような場合、経験が浅い人はどうしても不利になる可能性があります。
ですから、まずは今いる職場で看護師の経験を長く積んで、ある程度のスキルを身につけ、中途採用で採用されやすい状況に持っていくことが必要なのです。
一人前の看護師として周囲からも認められるようになってから転職活動を行えば、条件交渉もしやすくなりますし、応募先の選択肢も広がります。
ですから、転職を考えたら、まずは自分の看護師としてのキャリアが十分であるかどうかを、冷静に判断しましょう。

看護師は、転職市場においては引く手あまたです。
しかし、それはあくまで一定のスキルと経験がある看護師の場合に限ります。
どんな業界でも、経験が浅い人材の転職は難航しますので、実務経験のない状態で安易に転職を決断することは避けるべきです。
特に看護師はその傾向が強いので、せっかく取得した看護師の資格を無駄にしないためにも、一定期間は辛抱しましょう。